【特別の教科 道徳 指導法研修テキスト】ダウンロードサイト

道徳テキスト・セット(3種)

「特別の教科 道徳」指導法研修テキスト(平成30年度版)のお申込は締め切りました。
多くのお申込みを頂きまして誠にありがとうございました。

※令和元年9月をもち、掲載作品の著作物転載使用許諾期限が切れましたのでPDFファイルのダウンロードも終了いたしました。

(1)使用後の感想・改善案・ご意見等をメールでお送りください。

■「特別の教科 道徳」指導法研修テキスト感想等 送り先
NPO法人TOSS 道徳テキスト感想等 係り
Mail:info@toss.gr.jp

平成30年度 独立行政法人 教職員支援機構委託事業
「教員の資質向上のための研修プログラム開発支援事業」
「特別の教科 道徳」指導法研修テキスト 全3種

         ー ねらい ー
    道徳的価値について理解する、自己を見つめる。
    物事を多面的・多角的に考える。
    自己の生き方について考えを深める道徳の授業。

TEXT No.1 考え、議論する道徳」のための発問・指示
TEXT No.2 道徳の授業の1時間の組み立て方
TEXT No.3 道徳の授業の「評価」方法

【お願い】
使用後の感想・改善案・ご意見等をメールでお送りください。

 ■「特別の教科 道徳」指導法研修テキスト感想等 送り先
  NPO法人TOSS 道徳テキスト感想等 係り
  Mail:info@toss.gr.jp

【各テキストのテーマ】

TEXT No.1 考え、議論する道徳」のための発問・指示

      「考え、議論する道徳」を実現するためには、子供の意見が分かれたり、
      対立したりする発問・指示が必要です。主人公の言動に賛成か反対か、
      自分ならどうするか。
      子供の本音を引き出し、道徳の授業を活性化させる組み立てを考えましょう。

TEXT No.2 道徳の授業の1時間の組み立て方

      子供たちを熱中させる道徳の授業を実現するためには、組み立てに
      工夫が必要です。子供たちが考え、議論するためには、どのような
      組み立てが効果的か、このテキストを使って学習しましょう。

      
TEXT No.3 道徳の授業の「評価」方法

      教科になった道徳は、評価の必要があります。
      では、具体的にどのように評価していくのでしょうか。
      評価の方法について学んでいきましょう。

※ 本書は、独立行政法人教職員支援機構の実施する平成30年度「教員の資質向上のための研修プログラム開発
  支援事業」公募に採択され、その事業費を受けて作成したものです(非売品)。
※ 本書の無断転載・複写・複製等を禁止します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《本テキストの特徴》

1)本事業で作成した研修用テキストは以下の3項を擁している。
具体的な発問・指示および板書例・ノート指導例の掲載
実際の教材文を用いて展開する、1時間の授業の組み立てとその類型の提示
現場ですぐに利用できる評価方法(所見例、評価例)の提案

2)研修用テキストは効果検証と改善のプロセスを経たテキストである。

 《各テキストの背景やねらい、目次、分量及び教材としての掲載作品》

TEXT No.1:「考え、議論する道徳」のための発問・指示

◯背景やねらい 
 「考え、議論する道徳」を実現するためには、子供の意見が分かれたり、対立したりする
 発問・指示が必要である。そこで子供に主人公の言動に賛成か反対か、自分ならどうする
 かを考えさせること。
  また、すぐ使える多くの実践例を担保するため、各社の教科書に掲載されている作品、6話を掲載した。
 
◯目次 「考え、議論する道徳」のための発問類型4パターン
 1:自我関与を促す発問
   「あなたが主人公ならばどうしますか。」
 2:登場人物の言動を検討させる発問
   「あなたは主人公の行動に賛成ですか、反対ですか。」
 3:多面的・多角的な思考を促す発問
   「他にどのような行動がありえたでしょうか。」
 4:ターニングポイントを問う発問
   「いつの時点ならば、他の行動ができたでしょうか。」

◯前記目次に対応するテーマと分量
 1:高学年「正直、誠実」、3頁分
 2:中学年「規則の尊重」、3頁分
 3:高学年「親切、思いやり」、中学年「友情、信頼」、低学年「親切、思いやり」、9頁分
 4:中学年「正直、誠実」、4頁分

◯前記目次に教材として掲載した作品

 掲載作品
 1:手品師/光村図書「道徳6 きみが いちばん ひかるとき」(平成30年度版)
 2:雨のバスていりゅう所で/光文書院「小学 どうとく ゆたかな心4年」
(平成30年度版)
 3:最後のおくりもの/日本文教出版「小学校道徳 生きる力6」(平成30年度版)
   泣いた赤おに/学研教育みらい「みんなの道徳 4年」(平成30年度版)
   はしのうえのおおかみ/光村図書「どうとく1きみが いちばん ひかるとき」
(平成30年度版)
 4:ひびが入った水そう/東京書籍「新しいどうとく4」(平成30年度版)

TEXT No.2:道徳の授業の1時間の組み立て

◯背景やねらい
  子供たちを熱中させる道徳の授業を実現するためには、組み立てに工夫が必要である。
 子供たちが考え、議論するためには、どのような組み立てが効果的か、このテキストを
 使って学習できるようにすること。
       また、すぐ使える多くの実践例を担保するため、各社の教科書に掲載されている作品、7話
      を掲載した。

◯目次 
 1:安定型  定番といわれる授業の組み立て方
 2:議論型  議論を引き出す授業の組み立て方
 3:活動型  活動につなげる授業の組み立て方
 4:感動型  感動に触れさせる授業の組み立て方
 5:自我関与 自我関与に焦点を当てた授業の組み立て方
 6:批判型  教材を批判する授業の組み立て方
 7:知識理解型 知識理解を元にした授業の組み立て方
 8:コンテンツ型 コンテンツを使った授業の作り方

◯前記目次に対応するテーマと分量
 1:3年「家族愛、家庭生活の充実」、4頁分
 2:6年「規則の尊重」、3頁分
 3:4年「公正、公平、社会正義」、2頁分
 4:6年「感動、畏敬の念」、2頁分
 5:5年「善悪の判断、自律、自由と責任」、2頁分
 6:5年「相互理解、寛容」、3頁分
 7:道徳性を高めるための知識例、2頁分
 8:6年「よりよい学校生活、集団生活の充実」、2頁分

◯前記目次に教材として掲載した作品
 1:お母さんのせいきゅう書 / 日本文教出版「小学校道徳 生きる力3」(平成30年度版)
 2:星野君の二るい打 / 廣済堂あかつき「小学生の道徳 みんなで考え、話し合う 6」
(平成30年度版)
 3:ヘレン・ケラー物語/学研教育みらい「みんなの道徳 4年」(平成30年度版)
 4:青の洞門 / 菊池寛「恩讐の彼方に」をもとに作成
 5:くもの糸 / 芥川龍之介「蜘蛛の糸」をもとに作成
 6:ブランコ乗りとピエロ / 学研教育みらい「みんなの道徳 6年」(平成30年度版)
 7:ラグビー日本代表のかがやき/学研教育みらい「みんなの道徳 6年」(平成30年度版)

TEXT No.3:道徳の授業の「評価」方法

◯背景やねらい 
  教科になった道徳は、評価の必要がある。では、具体的にどのように評価してゆくの
 か。評価の方法について学ぶ。

◯目次
 1:通知表の評価例:一面的な見方から、多面的・多角的な見方へ
 2:通知表の評価例:道徳的価値の理解と自分自身との関わり
 3:指導要録への記入 〜大くくりなまとまりを踏まえた評価〜
 4:授業の最後のまとめ方
 5:発言や書くことが苦手な子への配慮
 6:子供の感想以外から評価する
 7:行事を道徳の授業に生かす
 8:避けたい評価例

◯前記目次に対応するテーマと分量
 1:小学校1〜3年生用、3頁分、小学校4〜6年生用、3頁分
 2:小学校1〜3年生用」、3頁分
 3:指導要録への記入 〜大くくりなまとまりを踏まえた評価〜、1頁分
 4:授業の最後のまとめ方、1頁分
 5:発言や書くことが苦手な子への配慮、1頁分
 6:子供の感想以外からの評価、1頁分
 7:行事を道徳の授業に生かすこと、2頁分
 8:避けたい評価例、2頁分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【備考】
1:平成30年3月末日までのダウンロード件数:1296件
2:平成30年3月末日まで研修等実施後アンケート回答数:231件
3:令和元年5月 テキスト(紙媒体)3種各500冊、計1500冊無料配布完了
4:令和元年6月3日、前記2のアンケートにおいて、テキスト(PDF)配布の要望が
  多数あり、また、前記3の応募数多数あり、配布可能数を大幅に超えたため、
  テキスト(PDF)の配布を開始。

● 発行日:2018年9月1日
● 監 修:向山洋一(特定非営利活動法人TOSS)
● 編 集:TOSS道徳科研修テキストプロジェクトチーム
      谷和樹(玉川大学教職大学院)
      木村重夫(日本文化大學)
      松崎力/岩田史朗/塩谷直大/林健広/山本東矢/石坂陽/黒滝誠人
● 発 行:特定非営利活動法人TOSS
      〒142-0064 東京都品川区旗の台2-4-12 TOSSビル
      Tel. 03(5702)5825 Fax.3(5702)2384
      http://www.toss.or.jp

※ 本書は、独立行政法人教職員支援機構の実施する平成30年度「教員の資質向上のための研修プログラム開発
  支援事業」公募に採択され、その事業費を受けて作成したものです(非売品)。
※ 本書の無断転載・複写・複製等を禁止します。